続々・ウィンタースポーツ系アイテムの売り方

流石に最後にしようと思います。
今回はスキーの解説です。
早速行ってみましょう。

スキー:中級・上級モデルの違い?

ぶっちゃけ見た目では分かりません。
高いモデルで言うと以下があります。

レーシングモデル

競技の大会などでいかに早く滑り降りられるかを追求したスキー。種目によって長さなどの規定があり、張りが強く重たいモデルがほとんど。技術と筋力が必要となる。

デモモデル

技術選や検定合格を目指す技術志向の方に向けたスキー。基礎系トップモデルを称して呼ばれることもあり、上級、エキスパートモデルがほとんど。
スキーメーカーのテクノロジーが結集されたモデル。

オールラウンドモデル

一般的にゲレンデでよく見かけるタイプ。
初級モデルから上級モデルまで幅広いラインナップがあり、圧雪バーンから非圧雪バーンに至るまで、あらゆるシチュエーションを1台で滑ることができるモデル。

フリースタイルモデル

ハーフパイプやパークで遊ぶために特化して作られたスキー。
跳んだり回ったり、後ろ向きで滑ったり、まさにフリースタイルでスキーを楽しめる。
トップとテールが両方ともに反り上がっている (ツインチップ)が特徴。

どれが高いかわかりますか?

上記4点の中でどれが高いでしょう?
分からないと思います。
でも、安いのなら分かるのでは?
もちろん、オールラウンドモデル(初心者モデル)になります。

見分けはマジで分かりません。
我々業者でも一個一個調べます。
強いて言うならば、上級者モデルは長い傾向にあります。
その位です。。。

スキーは買取業者泣かせです。
値段を付けてくれる業者がなかなかいないので、根気良く探すかサクッとヤフオク等で売ってしまいましょう。

とうとうスキーの知識が少ない事を暴露してしまいましたが、それだけ値付けが難しいと伝われば私の仕事としては良かったのかもしれません。
次からはいつも通り買取実績に戻ろうと思います。

また見て下さいね。

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *